天狼プロダクション


電子出版・イベントプロデュース

「京堂司掌編全集」

1975年に創刊された探偵小説誌「幻影城」は、1979年に資金難から刊行が中断されてしまいました。そして2016年、有志の手によって「幻影城」は最終号が刊行されることになりましたが、その編集作業中に京堂司という作家が、実は栗本薫の筆名であることが判明したのです。
 本書はその京堂司の作品集です。栗本薫として作家活動が始まって以降は京堂司が使われることはありませんでした。そのため、この筆名での作品は「幻影城」に掲載された掌編12編のみでしたが、京堂司のすべての作品を収めているということからあえて書名を「京堂司掌編全集」といたしました。
 野地嘉文氏による解説は、デビュー当時の栗本薫の様子を伝えていて、ファンには興味深いものでしょう。
書名 京堂司掌編全集
著者 栗本薫
解説 野地嘉文
販価 ¥250(税別)
発行元 株式会社天狼プロダクション
発売元 ボイジャー・プレス
販売書店 BinB store、Kindleストア、iBookstore、楽天Kobo、BookLive!
紀伊國屋書店BookWeb、honto、 ReaderStore、ブックパス、BOOK☆WALKER

関連リンク

 

ページのトップへ戻る